2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

明日

明日、京都のテノナル工藝百職さんで在店予定だったのですが、
ごめんなさい!三寒四温にやられました…
新幹線でビュンと行けそうにありません。
お会い出来たかもしれなかった皆様、ごめんなさい。
また次回是非よろしくお願いしますm(__)m

「白から春へ」

阿佐ヶ谷ひねもすのたりさんでも展示中ですが
本日より、京都
テノナル工藝百職さんでも、展示が始まります。

「白から春へ」
3/16(土)~31(日)
期間中水曜休 ※3/20(祝)は営業
11:00~18:00(最終日 17:00まで)

自然が 無彩色からほのかに色づいていく季節。
無垢の素材たちが 人の手によって生まれ変わっていきます。
白の季節から春へと向かう 幾筋にも成るものがたりと手仕事が集まります。

【出展作家】
松本美弥子/磁器の器やブローチ
波多野裕子/パート・ド・ヴェールのグラスのほか、器、シェードなど
森谷和輝/小さなガラスのアクセサリー
飯島たま/草木で染めた手織りのマットや食卓周りの布小物
Handworks Blanket/鍋つかみ

春色のコップ、器、ランプシェードを制作しました。
数は15点ほどです。
会期が長いので、途中でコップなどを追加したいと思っています。

私は最終日の31日に在店します。
テノナル工藝百職さんは、鴨川からすぐのところにあります。
春の京都、お散歩しながら遊びにいらして下さい。

「春を想うガラス器展」

この一週間で、あっという間に春になりました!
そんな春の展示です。

阿佐ヶ谷の
ひねもすのたりさんで、手描染屋眞水さんの展示
「春を想う展」があります。
そこで、同時開催で私のガラスの展示もやります。

眞水さんとは、2010年に京都綾部の
竹松うどん店の土壁を
塗った時からの友人です。
(土壁を塗るというのは、私は
塗り壁隊という団体に所属していて
あちこち、お店や個人宅などの壁を塗る活動もしているのです。)

眞水さんの春柄の服と一緒に並んで、私の春色のうつわが
どんな風に見えるのか楽しみです。

もう明日からなんです!
今日搬入して来ました。春色の豆皿中心に16個です。
ご案内が遅くなって申し訳ありません。
私は、明日の初日はオープンの12時から13時まで。
16日(土)は12時から16時までお店にいます。
ランチはお休みですが、私のうつわでお菓子を出して下さるそうです。
それもまた楽しみです♪

3月9日(土)~17日(日) *14日(木)はお休み
12時~18時30分(最終日は17時まで)


Ncm_0012

「草木張月」終了致しました

「草木張月」終了致しました。
いらして下さった皆さま、応援して下さった皆さま
どうもありがとうございました。

今回の展示は、古道具のcohakoさん、お花の平間磨理夫さんとの
三人で、空間をコラボで作っていく感じでした。

元々古道具が好きなのもありますが、私のガラスの色や質感と
cohakoさんが持ってきて下さった古道具との合い方が嬉しくて
設営中からウキウキしてしまいました。

そして平間さんのお花が入ると、古道具とガラスのちょっと枯れた
雰囲気が、一瞬にして生きるのを目の当たりにして
本当に興味深かったです。

平間さんがいらっしゃるので、掛け花にもチャレンジしました。
初めて作るものは、ドキドキですが楽しい。
また作り進めて行きたいと思います。

DM撮影の時点から、cohakoさん、平間さん、みずのそらの小峰さんと
色々、あーでもないこーでもないと悩んで一緒に作り上げた展示でした。
普段割と一人で色々やるので、この一緒に作り上げていく感じは久しぶりで
面白かったり、大変だったり、勉強になったりで本当に楽しかったです。

終わっちゃって、何か寂しい。
そんな冬の終わりでした。

Dsc_0625

Dsc_0623

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »