2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

器少し増えました。

2011102822040000_2

手磨きが終わり、少し追加出来ました。
今4つ窯に入っているので、来週半ばには
お目見え出来そうです。

ポートフォリオは・・・まだです。

dadacrafts市始まりました。

22日より、dadacrafts市始まりました。
工房からの風にも出していたランプシェードの他
急ピッチで磨いて器が4点。

2011102322320000
銀彩の小鉢と小皿2枚です。
小皿2枚は今日までに嫁ぎました。
ありがとうございました。

今また急ピッチで制作中です。
11月頭にはいくつか器を追加出来る予定です。

そして、ポートフォリオも準備中です。
ネットでも見られるように、頑張ります。

dadacrafts市にも、工房からの風でお会いした方々が
足を運んで下さり、本当に嬉しく、幸せです。
せっかく足を運んで下さっても作品が少なく申し訳ありません。
ポートフォリオなど準備が出来ましたら、またブログでご案内致します。
少しずつ環境を整えて参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

工房からの風終了致しました

Dsc_0025

初めての野外展、その洗礼を受けたような雨嵐の初日
そして、日に焼けるような暑い2日目でした。
搬入から展示、そして搬出まで、本当に沢山の方のサポートで
無事展示を行うことが出来、感謝で一杯です。

そんなお天気の中いらして下さった皆様、ありがとうございました。

今回が私にとって初めての大きな展示でもありました。
自分が素敵と思って作っているものを、どのくらいの方が
素敵と思って下さるのだろうか・・・と、先の見えない霧の中
ただただ制作を続けた半年でした。

でも今回、思っていた以上に多くの方に
自分がこだわっている色や形、質感への嬉しい感想を頂き
これからは霧の中ではなく、前が見通せる状態で制作出来ます。

反省点はものすごくあります。
今回はこれで精一杯でしたが、2日間の展示会
もっと数を用意しなくてはいけなかった。
2日目にいらして下さった皆様、申し訳ありませんでした。
それならば、せめて写真ファイルだけでもあれば良かったのに・・・
と、大反省です。

作品も、今回は大きなものと小さなものが多く、間が少なかった。
もっと揃いの器も作りたかった。
花器ももっと作りたかった。
色のあるランプシェードも、もっと作りたかった。

このもっともっとを、次の制作に繋げて行きたいと思っています。

家の中も、アトリエも嵐が吹き荒れた後の状態です。
これを片づけて、また制作に入ります。


次回は、自分のアトリエで
dadacrafts市というのが、22日から始まります。
これは工房からの風でご覧頂いたランプシェードがメインです。
ただ、会期が11月6日までと長いので、今からまた制作して
途中で器を追加したいと思っています。
追加作品が出来ましたら、またブログで紹介しますので
ご覧頂けたら嬉しいです。

照明

2011101401530000

後ろが換気扇で見目が悪いのですが
今回、シーリングランプとテーブルランプも持って行きます。
テーブルランプは初めてでしたが、ハマりそうです。

画像ではどれも白く映ってますが、それぞれ色が違います。
電気がついている時、消えている時とでも色味が
かなり違いますので、つけたり消したりしてみて下さい。

ほとんどのランプシェードが、シーリングランプにも
テーブルランプにも変更出来ます。

磨き終了

Pa1209492

下の方の記事の、石膏から割り出した器を磨き終えました。

土で作った原型が、このようにガラスに変身した姿を
見るのが嬉しくて、また次の原型を作りたくなります。

一輪挿し


今回、小さな一輪挿しも出品します。
口がつぼまった花器はパート・ド・ヴェールの技法では難しいのですが
好きな形なので作りたくて、試行錯誤して形になりました。

大きい方の花器はしっかり水が入りますので、生花を生けられます。
小さい方は水はほとんど入らないので、ドライフラワー用です。

大詰め

いよいよ制作も大詰めです。
今回持って行く最後の作品が窯から出ました。
石膏から器を割り出しているところです。
Dsc_0012

無事石膏から出たのがこちら。
バリを機械で取り(今回はバリ多過ぎ。いつもはもっと少ないです)
これから手磨きをして、工房からの風に連れて行きます。
Dsc_0014

ちなみにこれは、土の原型だった頃。
P90208602_2

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »