2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

「名前のない色」終了致しました。

Img_20190429_220847_601

 

名前のない色、本日終了致しました。

いらしてくださった皆さま、関わってくださった皆さま、ありがとうございました。

色というものを改めて考える機会を頂けた展示会でした。

色彩としての色だけではなく、作家の独自性、持ち味という意味での色も。

 

ゴールデンウィークは制作三昧なので、ちょっと色々試してみたいです。

「名前のない色」

Img_20190406_171748_665Img_20190406_171748_666

横浜、反町のヨリフネでのグループ展に参加します。

名前のない色

4/20~29
23、24休
12:00~18:00
横浜市神奈川区松本町3-22-2 ザ・ナカヤ101
045-321-5715

どんな色が集まるのか楽しみ!
私はグラスを多めに制作中です。
初日の20日は在廊予定ですので
どうぞ遊びにいらしてください。

Precious4月号

Img_20190308_104936_186

Img_20190308_104936_187

Img_20190308_104936_184

今発売中のPrecious プレシャス4月号で使って頂いています。
すごく素敵に撮影して頂き嬉しいです。
そしてそして、杏ちゃん可愛い…


「春のISETANクラフト市」追加

1549366847622.jpg

明日「春のISETANクラフト市」にランプシェード2点追加致します。
百貨店なので売約済みのものを展示しておくことが出来ないのですが、明日は終日在店致しますのでお運び頂けたら嬉しいです。

※6日納品分は売約済みとなりました。ありがとうございました。

始まりました

1548218735178.jpg
初日搬入分のランプシェードは完売致しました。ありがとうございました。
また2月6日追加に向け制作します。

「春のISETANクラフト市」

1548082166982.jpg

23日から始まるイベントに参加します。

1月23日~2月19日 
伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5
「春のISETANクラフト市」
色々な素材のクラフトが並びます。
私は今回ランプシェードのみで、初日の23日に3点、中日の2月6日に2点納品します。
百貨店ではコードの長さ調節に対応出来ないため、すべて70cmでコードクリップ付きにしてみました。
23日と2月6日は在店致しますので、お運び頂けたら嬉しいです。

ミセスに掲載されたランプシェードは、販売済みのため伊勢丹にはありません。

ミセス2月号

1546828865165.jpg

1546828867652.jpg

本日発売のミセス2月号にランプシェードを掲載頂きました。
素敵に撮影&紹介くださっていて嬉しいです。
今号は発酵特集もあり、健康オタクなので興味津々でした。
本屋さんなどでお手に取って頂けたら嬉しいです。

あけましておめでとうございます

1546299631175.jpg
Wishing you all a happy New Year 2019!

昨年は数で言えばmax更新だったと思います。
なかなかハードでしたが、沢山の展示会で沢山の方々にご覧頂けて幸せでした。

今年は展示会が後半に集中していますが、前半から色々チャレンジして、内容も充実させたい思っています。

皆さまにとって素敵な1年でありますように!
今年もよろしくお願い致します。

「冬の結晶」終了致しました

1545658307352.jpg

「冬の結晶」vol.4 終了致しました。
いらしてくださった皆さま、関わってくださった皆さまありがとうございました。

実はPLAIN PEOPLEでの森田さんとの二人展のDMは、組むの2階で撮影させて頂きました。
その時冬の結晶の話をされていて、アクセサリーは作らないけど什器でと飛び入り参加しちゃいました。
アクセサリーのグループ展に入るのは初めてで、色々な素材、形、制作方法を見ることが出来て楽しかったです。
楽しかったので、冬の間にちょっとチャレンジしてみます。

photo by suga koji

「お茶の時間」終了致しました

1545480348148.jpg

間・kosumiでの二人展「お茶の時間」終了致しました。
いらしてくださった皆さま、関わってくださった皆さまありがとうございました。

うつわというものを作りだしたのは四半世紀近く前、当時国分寺にあった陶芸教室ででした。
鈴木さんと友達になったのもその教室。
当時はまさか自分が将来ガラスをやることになり、鈴木さんと二人展を出来るとは思ってもいませんでした。
間・kosumiはこれまたガラスを始める前から金繕いの教室に通っていた場所。
ガラスを始めてからちょうど10年。節目を締めくくる展示会となりました。

«「お茶の時間」明日からです